MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA
EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 9/17(土)プレシーズンゲームvs愛媛オレンジバイキングス戦試合結果について

9/17(土)プレシーズンゲームvs愛媛オレンジバイキングス戦試合結果について

いつも大阪エヴェッサへの応援ありがとうございます。

本日開催されましたプレシーズンゲームvs愛媛オレンジバイキングス戦の試合結果をお知らせいたします。

試合概要

プレシーズンゲーム
愛媛オレンジバイキングスvs.大阪エヴェッサ
@今治市営中央体育館
13:00ティップオフ

【スコア】
愛媛 62-90 大阪
1Q:17-15
2Q:19-22
3Q:13-28
4Q:13-25

試合レポート

序盤は、順調に得点を重ねたものの、ターンオーバーの多さや精度を欠いたシュートが続き、第1Q終了時は2点を追いかける展開になったが、続く第2Qでは、何度も同点に追いつくも引き離されるシーソーゲームの様相に。しかし、攻守において粘り強さを見せて、終了間際のギブソンのダンクで逆転! 第3Qからは、大阪の攻撃力が爆発。リバウンド、スティールを重ね、今野の果敢なドライブや橋本尚の連続ポイントなど積極的な攻撃と早い攻守の切り替えで62-90で愛媛を突き放した。

桶谷 大ヘッドコーチコメント

試合への入りは、スタートのメンバーは良いディフェンスから入ることができて良かったのですが、オフェンス面でゾーンを下げて足が止まっていたと思います。前半はワイドオープンをつくれたのですが、シュートの確率が悪かったですし、ターンオーバーが多く、リズムが掴めませんでした。後半は、ボールと人が動くようになって、ディフェンスからの速攻で得点に繋がるなど、良い部分と悪い部分が出た試合になりました。悪い部分はもちろん修正していかなければならないですが、良い部分も増やしていきたいと思います。
B.LEAGUE開幕1週間前となり、チームの雰囲気はかなり良いです。8月に合流した外国籍選手もフィットしてきています。ハレルソン選手は、たとえシュートが入らなくてもハッスルしてくれますし、ディフェンスにおいてもオフェンスにおいても様々なところで顔を出してくれます。チームにとっては武器だと思います。できる限り良い準備をして、今の段階で一番良いパフォーマンスをしていきたいと思います。たくさんのファン・ブースターのみなさまがいるアリーナで!

橋本 尚明選手コメント

前半はチームも、自分も波に乗れていなかったのですが、 「入りからみんなで意志を統一しよう。エナジーを出して、ハッスルして、見ているファン・ブースターのみなさんが楽しいと思えるプレーをしよう」 とチームで確認しました。後半に入り、攻守に渡りハッスルしてみんなで一つになって得点を重ねることができたと思います。 また、会場となった愛媛は地元ですし、家族や知人もたくさん見に来てくれたことも力になりました。
B.LEAGUE開幕が近づいて来ました。 僕の役割は、若手なのでハッスルして泥臭いプレーをすること。そしてドライブなど積極的なプレーをし、流れを変えることだと考えています。 この自分の役割にしっかりと徹し、チームとしっかりとコミュニケーションをとって、B.LEAGUE初代チャンピオンを狙いに行きます。