MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA
EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 関西初 B.LEAGUE 関西5クラブ共同記者会見を開催しました。

関西初 B.LEAGUE 関西5クラブ共同記者会見を開催しました。

いつも大阪エヴェッサへの応援ありがとうございます。

昨日7月20日、2016年9月のB.LEAGUE開幕に伴い、 関西初 B.LEAGUE 関西5クラブ共同記者会見を開催しました。

B.LEAGUEチェアマン大河正明氏のプレゼンでは「バスケットボールは世界で1番、日本でも2番めに競技人口が多く、観戦希望者も多いと考えられる。Bリーグで世界に通用する選手やチームを排出していきたい」とお話いただきました。

その後、関西5クラブ各代表から、B.LEAGUE開幕に向けての施策を発表し、大阪エヴェッサ安井代表取締役は「舞洲をバスケの聖地へ」をコンセプトに、舞洲エヴェッサパークプロジェクトを構想を発表致しました。舞洲エヴェッサパークプロジェクトは、リーグのミッションでもある「夢のアリーナ」、「エンターテイメント性の追求」を具現化すべく、試合の演出・システム面で、今話題のチームラボとタッグを組み、 バスケットボールの新たな楽しみ方を提案するものになりそうとのことでした。

舞洲エヴェッサパークのランディングページはコチラです。今後、新しい情報を随時更新予定です。

会見の最後には選手たちも意気込みを語りました。相馬選手は「B.LEAGUEが開幕することによって、日本バスケットボール界も大阪エヴェッサもとても重要なシーズンになると思っています。B.LEAGUE初代チャンピオンになるためにチームとしても個人としてもしっかり結果にこだわっていきたいと思います。」と語ってくれました。

記者会見の様子はFacebookライブ配信でも行いましたので、ぜひ録画配信をご確認ください。
https://www.facebook.com/BJOsakaEvessa/

  • B.LEAGUEチェアマン大河正明氏

    B.LEAGUEチェアマン大河正明氏

  • 大阪エヴェッサ安井代表取締役

    大阪エヴェッサ安井代表取締役

  • 意気込みを語る相馬選手

    意気込みを語る相馬選手

  • 大河チェアマン、代表、選手の記念撮影

    大河チェアマン、代表、選手の記念撮影