MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA
EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 2018-19シーズン B.LEAGUEクラブライセンス第1回判定結果のお知らせ

2018-19シーズン B.LEAGUEクラブライセンス第1回判定結果のお知らせ

いつも大阪エヴェッサへの応援ありがとうございます。

このたび、本日・3月14日(水)開催の公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(本社:東京都文京区、理事長:大河正明 以下「B.LEAGUE」)理事会において、2018-19シーズンB.LEAGUEクラブライセンス交付(第1回)が決定いたしましたので、大阪エヴェッサの判定結果について下記のとおりお知らせいたします。

第1回判定結果

大阪エヴェッサ 2018-19シーズン B1クラブライセンス交付

B.LEAGUEクラブライセンスとは

B.LEAGUEのリーグ戦に出場するための資格となり、B1、B2リーグに参加できる資格となるB1ライセンスと、B2リーグに参加できるB2ライセンスの2種類があります。

有効期間は対象シーズンの1年間。
継続的にリーグ戦に参戦するには、毎年希望するシーズンの前年11月までに申請しライセンスの交付を受けることが条件となります。

バスケットボール界全体の安定的・持続的な成長と発展に寄与することを前提とし、育成面・施設面・選手環境面などを、プロリーグとしてふさわしい水準に保ち、さらに発展させることによって、クラブの価値が向上することを目的としております。

ライセンスの種類

【B1ライセンス】B1リーグ、B2リーグに参加できる資格
【B2ライセンス】B2リーグにのみ参加できる資格

審査基準

ライセンス交付判定は、大きく分けて5つの基準で判定されます。

①競技基準 〈7基準〉=S基準 ( Sporting Criteria)
②施設基準 〈2基準〉=I基準(Infrastructure Criteria)
 ※ 別途「アリーナ検査要項」で詳細を定めている
③人事・組織体制基準〈14基準〉 =P基準(Personnel and Administrative Criteria)
④法務基準 〈8基準〉=L基準(Legal Criteria)
⑤財務基準 〈9基準〉=F基準(Financial Criteria)

Bリーグクラブライセンスについての詳細は、Bリーグ公式WEBサイト規約ページ内「Bリーグクラブライセンス交付規則」をご覧ください。