MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA
EVESSA

MENU
HOME > ユースチーム
 

ユースチーム

 
基本理念 基本理念

1. バスケットボールの技術向上および
普及・発展に貢献する
2. バスケットボールを通した、地域貢献、
健全な青少年育成
3. 指導体制及び環境の充実による
18歳以下世代の育成の活性化
4. トップリーグや世界を舞台に活躍する
人材育成

1. バスケットボールの技術向上および普及・発展に貢献する
2. バスケットボールを通した、地域貢献、健全な青少年育成
3. 指導体制及び環境の充実による18歳以下世代の育成の活性化
4. トップリーグや世界を舞台に活躍する人材育成

基本理念 基本理念
指導理念 指導理念
  • Players First Players First

    一人一人の人格を尊重し、選手の意志や成長を最優先に考え、達成感を与え、喜びと生きがいの場となるよう最善を尽くします。

  • Have Fun Have Fun

    全てのカテゴリーにおいて、「心からバスケットボールを楽しむ」ことを追求します。

  • Development Development

    幼児からユース(高校生年代)までの長期的視野に基づいた一貫指導体制のもと、選手育成・チーム強化を図ります。

  • Development Development

    スポーツを好きになるとともに、自主性、礼儀、挨拶、マナー、仲間意識、他人を思いやる心、リスペクトの精神やアイデンティティーを養います。

チームスローガン Be ready(ビー レディー)

選手、スタッフ、チーム全員が準備を怠ることなく、全てのことに対してベストを尽くし、コート上で自身が持つ全ての力を出すという意味と決意・覚悟が込められています。
仲間と競争する中でチームワークや心技体を磨き、一歩一歩着実に成長しながら、選手・スタッフ・チーム全員が「チームバスケット」を表現し、追求していく。

また、大阪エヴェッサを背負っている自覚や責任感、使命感を一人一人が持ち、感謝の気持ちを持って行動することで、観ている人々に感動を与え、応援されるチームになるための準備をする。

コート内外で「BE READY」をチーム全員の合言葉とし、一丸となって今シーズン活動して参ります。

チームスローガン Be ready(ビー レディー)

選手、スタッフ、チーム全員が準備を怠ることなく、全てのことに対してベストを尽くし、コート上で自身が持つ全ての力を出すという意味と決意・覚悟が込められています。
仲間と競争する中でチームワークや心技体を磨き、一歩一歩着実に成長しながら、選手・スタッフ・チーム全員が「チームバスケット」を表現し、追求していく。

また、大阪エヴェッサを背負っている自覚や責任感、使命感を一人一人が持ち、感謝の気持ちを持って行動することで、観ている人々に感動を与え、応援されるチームになるための準備をする。

コート内外で「BE READY」をチーム全員の合言葉とし、一丸となって今シーズン活動して参ります。

活動理念 活動理念

世界に羽ばたいて活躍する人材を育成し、常に日本のクラブを代表する集団(チーム)であり続けます。心からバスケットボールを楽しめる環境を提供するとともに、スポーツを通じて個性を重視し豊かな人間性を育む教育の推進に努めます。

  • 強 化
    ジュニアからユースまで一貫指導を行うとともに、優秀な選手(エリート)を招集。
    「量」「質」「強度」を追求するシステムを構築し、一流選手の輩出を目指します。
  • 育 成
    指導者の専門性を高め、育成(技術向上・人間教育)に関する情報や方向性の共有化、
    他クラブとの比較・検証を行い、スクール全体のレベルアップを目指します。
  • 発 掘
    地域で特出した選手を見つけ出し、新たな活動・プログラムを積極的に進めながら
    次世代を担う選手(原石)の発掘を目指します。
活動理念 活動理念
ユースチーム設立の目的と
育成システムについて
活動理念

大阪エヴェッサは世界で通用する選手を発掘・育成する下部育成組織として、U12・U15・U18と3部門のカテゴリーを編成しています。

活動理念

トップチームを頂点に据え、ジュニアからユースまで将来優秀な素質を持つ選手や可能性の高い選手に良い育成環境(練習環境・実戦)を提供して個を大きく育てること、合わせて人としてしっかりとした挨拶や礼儀を重んじることが出来る、仲間を尊重出来るような選手、バスケットボールを通じて自立した人間力を育成することにより、最終的には日本のトップチームで活躍出来る選手、世界に通用する選手を育成し、輩出することを目的にしています。

活動理念

大阪エヴェッサは世界で通用する選手を発掘・育成する下部育成組織として、U12・U15・U18と3部門のカテゴリーを編成しています。
トップチームを頂点に据え、ジュニアからユースまで将来優秀な素質を持つ選手や可能性の高い選手に良い育成環境(練習環境・実戦)を提供して個を大きく育てること、合わせて人としてしっかりとした挨拶や礼儀を重んじることが出来る、仲間を尊重出来るような選手、バスケットボールを通じて自立した人間力を育成することにより、最終的には日本のトップチームで活躍出来る選手、世界に通用する選手を育成し、輩出することを目的にしています。

U18
U18 U18
鳥 和成
鳥 和成 ヘッドコーチ
天理大学、同志社大学大学院を卒業。大阪学院大学、京都産業大学、大阪経済大学、大阪学院高等学校のコーチを歴任し、2008年より指導している大阪経済大学を2014年には関西学生選手権ベスト8に、続く関西学生2部リーグで優勝、1部リーグへとけん引した。
関西選抜チームおよび京都府成年男子国体の大会も指導。
有馬 裕介
有馬 裕介 アシスタントコーチ
経歴 / 鹿児島県立奄美高校→エヴェッサカレッジ
資格 / JBA公認C級ライセンス
大井 勝司
大井 勝司 アシスタントコーチ
経歴 / 石川県立津幡高校→エヴェッサカレッジ
資格 / JBA公認B級ライセンス・JBA公認E級審判
仲 剛士
仲 剛士 アシスタントコーチ
経歴 / 広島山陽学高等学校→エヴェッサカレッジ→広島ドラゴンフライズスクールコーチ
資格 / JBA公認D級ライセンス・JBA公認E級審判
U15
U15 U15
大井 勝司
大井 勝司 ヘッドコーチ
経歴 / 石川県立津幡高校→エヴェッサカレッジ
資格 / JBA公認B級ライセンス・JBA公認E級審判
仲 剛士
仲 剛士 アシスタントコーチ
経歴 / 広島山陽学高等学校→エヴェッサカレッジ→広島ドラゴンフライズスクールコーチ
資格 / JBA公認D級ライセンス・JBA公認E級審判
杉林トレーナー
杉林チーフトレーナー
平山トレーナー
平山トレーナー
平山トレーナー
山本トレーナー
西トレーナー
西トレーナー
U12
U12 U12
大井 勝司
大井 勝司 アソシエイト ヘッドコーチ
経歴 / 石川県立津幡高校→エヴェッサカレッジ
資格 / JBA公認B級ライセンス・JBA公認E級審判
岡田 優
岡田 優 ヘッドコーチ
経歴 / 2022.8-23.3 京都ハンナリーズU15 アシスタントコーチ→2023.4-24.3 京都ハンナリーズU15 ヘッドコーチ
資格 / JBA公認A級ライセンス
仲 剛士
仲 剛士 アシスタントコーチ
経歴 / 広島山陽学高等学校→エヴェッサカレッジ→広島ドラゴンフライズスクールコーチ
資格 / JBA公認D級ライセンス・JBA公認E級審判