tr?id=332175333915546&ev=PageView&noscript=1
MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 第18回アジア競技大会開催中の橋本 拓哉選手へのJOC行動規範に抵触する行動に関する弊クラブの処分について

第18回アジア競技大会開催中の橋本 拓哉選手へのJOC行動規範に抵触する行動に関する弊クラブの処分について

第18回アジア競技大会開催中の橋本 拓哉選手のJOC行動規範に抵触する行動について、公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)より1年間(2018年8月29日~2019年8月28日)公式戦出場停止処分が発表されましたのでお知らせいたします。尚、謹慎処分については本日付で解除となります。

処分内容 公式戦出場停止
処分期間 2018年8月29日~2019年8月28日の1年間

本発表を受け、大阪エヴェッサとしての処分を以下の通り決定いたしました。

処分内容

1.教育研修の実施
2.社会奉仕活動への従事 
3.報酬の減俸

安井 直樹コメント

この度は、弊クラブ所属の橋本選手のアジア大会開催中における不適切行為により、ファン・ブースターの皆さまをはじめ、関係者の皆さま、パートナー企業の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。JBA裁定委員会の処分内容を、橋本選手だけではなくクラブとしても真摯に受け止めております。
そういった中で、我々も橋本選手に対してクラブとしてどのように向き合うことが大切か、深く苦悩しました。そして、橋本選手に社会人としての考え方や行動を基礎から徹底して指導し、世のため、人のために行動できる選手になるための、再起の道を作っていくことを決めました。橋本選手が皆さまに信頼され、愛される選手に成長できるようサポートをしていくとともに、クラブとしても全選手、スタッフへの教育を徹底し、再発防止に努めてまいります。

橋本 拓哉選手コメント

この度は、私の責任感と思慮に欠けた不適切な行動により、日本オリンピック委員会の皆さま、アジア大会の選手団の皆さま、日本バスケットボール協会の皆さまをはじめ、Bリーグの皆さま、ご支援ご声援いただいているパートナー企業の皆さま、ファン・ブースターの皆さま、所属している大阪エヴェッサの関係者の皆さまにご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございませんでした。日本を代表してプレーさせていただいていることに対しての私自身の認識の甘さと愚かさを深く反省し、私にさせていただけること、できることを全うしていきます。
この度は本当に申し訳ございませんでした。

備考:本件に関する公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)の処分については、公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)にご確認ください。