tr?id=332175333915546&ev=PageView&noscript=1
MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【お知らせ】大阪エヴェッサ、スポーツによる地域課題解決プロジェクト「A3」を開始

【お知らせ】大阪エヴェッサ、スポーツによる地域課題解決プロジェクト「A3」を開始

いつも応援ありがとうございます。

このたび、大阪エヴェッサは株式会社ティーアンドエス、株式会社日本戸建管理、株式会社CAMPFIREと連携して、「大阪から始まる、スポーツが地域課題を解決するプロジェクト」を立ち上げることとなりました。大阪から、持続可能な開発目標(SDGs)の実現を目指す継続的な取り組みです。


(写真左より、株式会社日本戸建管理 企画開発室 室長 井上貴博氏、株式会社CAMPFIRE クロスボーダー事業部 部長 大東洋克氏、大阪エヴェッサ代表取締役 安井直樹、株式会社ティーアンドエス 社長 稲葉繁樹氏)

プロジェクト名は「A3」(ARCH AID AROUND)。
ARCHは「バスケットボールのシュートが描く弧」を、AIDは「手助けする、支援する」、AROUNDは「行き渡る」を意味します。
「A3」は2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)に則り、「持続可能で強靱、そして誰一人取り残さない、経済、社会、環境の統合的向上が実現された未来への先駆者を目指す」というビジョンの実現を目指します。

今回のプロジェクトは大阪に目標を定め、継続的な活動であることが特長です。
台風、地震、大雨での被災、環境破壊や環境保全、少子高齢化による農家の減少、空き家問題など地域の安心・安全の向上、医療・福祉の現場、といった地域が抱える様々な課題をスポーツを通じた企業連携で解決することを目指します。
なお、今後の活動については詳細が決まり次第、随時発表いたします。