tr?id=332175333915546&ev=PageView&noscript=1
MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【vs横浜戦前夜!】前節までの戦いの軌跡を辿る…!!

【vs横浜戦前夜!】前節までの戦いの軌跡を辿る…!!

 

先週は初年度にリーグ準優勝を果たした、川崎ブレイブサンダースを迎えてのホームゲーム。
11月3日のGAME1は第1Qから24-24と、ハイスコアでゲームが進む。
しかし第2、3Qは川崎の守備網を崩せず、得点がストップ。その間に相手に先行を許し、第4Q中盤にビハインドはこの日最大の16点差に。ここでエヴェッサはタイムアウトを取って態勢を立て直し、守備で前線から激しく圧力をかけていく。
気迫のディフェンスで川崎のペースを乱し、一気に追撃。残り7秒で1点差に迫ったが、試合を引っ繰り返すにはいたらず、惜しい敗戦を喫した。

 

翌日のGAME2は第1Qで#55ジョシュ・ハレルソンが3本の3Pを成功させて、22-15とリード。以降も第2Q=18得点、第3Q=20得点と好ペースでスコアを重ねるが、川崎に第2、3Qとも21得点を与えてしまい、第3Q終了時点で60-57とエヴェッサのリードは3点に。勝負の第4Qは中盤までリードをキープするが、終盤になって得点がストップ。
守備でなんとか粘るも、残り30秒で相手に3Pを許してしまう。これが決定打となって、80-83で敗れた。

 
 

11月7日はアウェイでの京都ハンナリーズ戦。 平日開催ながら大阪からも多くのブースターが駆けつけたが、京都の2人の外国籍選手に計42得点を奪われるなど守備で後手を踏み、一方で得点も65点と伸ばせずに黒星に終わった。

 

今週はホームの「おおきにアリーナ舞洲」に、横浜ビー・コルセアーズを迎える。ここで必ず、連敗ストップだ!