MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA
EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【vs琉球戦前夜!】前節までの戦いの軌跡を辿る…!!

【vs琉球戦前夜!】前節までの戦いの軌跡を辿る…!!


前節は年末の5連続ホームゲームの最初のカード。
サンエイワーク住吉スポーツセンターに、Bリーグ初代王者・栃木ブレックス戦を迎えて戦った。

12月22日のGAME1は第1Qで4本の3Pを決めるなどで、前半を11点リードで折り返す。
しかし第3Qで圧力を強めた相手の守備にペースを乱され30失点。試合を引っ繰り返されてしまった。
第4Qは#25エグゼビア・ギブソンのインサイドを中心に盛り返し、残り0分11秒には2点差にまで迫ったが最後の1本が奪い切れず。
70-74で接戦を落としてしまった。

 

翌日のGAME2は試合立ち上がりから、リングに積極的にアタック。
接戦に持ち込むが第2Q終盤に連続8失点を喫し、前半で10点のビハインドを背負う。
エヴェッサはハーフタイム中に守備を修正。相手ボールマンへのチェックを激しくし、栃木に自由に攻めさせない。

攻めては第3Q開始から4分足らずで9得点を奪い、一気に2点差に詰め寄る。
そして第4Q立ち上がり早々に、#22ジャマール・ソープが華麗なステップで相手を交わして2P。
逆転に成功する。終盤には#27熊谷尚也が3Pを2本連続で成功させ、リードはこの日最大の8点に。
その後、意地を見せる栃木が反撃するが、最後は振り切って76-73。栃木戦の初勝利をあげた。