MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA
EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【お知らせ】ニールセン スポーツ ジャパン株式会社とマーケティングリサーチパートナー契約締結

【お知らせ】ニールセン スポーツ ジャパン株式会社とマーケティングリサーチパートナー契約締結

このたび、大阪エヴェッサを運営するヒューマンプランニング株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役 安井直樹)は、世界最大のリサーチ会社 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 シン・ウンヒー)と、オフィシャルマーケティングリサーチパートナー契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。今回の契約は大阪エヴェッサの発展を目指した中長期的なパートナーシップとなります。

現在開催中のラグビーワールドカップ2019日本大会、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに加え、関西エリアでは、ワールドマスターズゲームズ2021関西や2025年大阪万博など大規模なスポーツ・エンターテインメントのイベントが開催される予定となっております。
また、バスケットボールにおいても、過去3年間で飛躍的な成長を遂げているB.LEAGUE、2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップに出場を決めた男子日本代表の躍進など、世の中の関心が非常に高まっています。
こうしたスポーツに対する社会的関心の高まりの中、大阪エヴェッサのさらなる事業発展に向け、ニールセン スポーツ ジャパン株式会社が2016-17シーズンから提供しているオフィシャルパートナーの注目度の高まりを可視化したメディア露出換算を2020-21シーズンまで継続・発展して実施することに合意いたしました。



【ニールセン スポーツ ジャパン株式会社/本庄 健人 執行役員 副社長 兼 クライアントサービス・ビジネスディベロップメント統括本部長のコメント】
B.LEAGUE開幕初年度からご提供しているメディア露出換算を、2019-20シーズンと2020-21シーズンの2年間で新しく契約を締結できましたことを非常に嬉しく思っております。
今後はスポンサーシップの活性化を軸に、大阪エヴェッサの安定した事業拡大に向け、多角的かつ長期的な取組を実現できるように尽力して参りたいと思います。



【ヒューマンプランニング株式会社/安井 直樹 代表取締役のコメント】
このたび、ニールセン スポーツ ジャパンとパートナーシップ契約を締結しましたことをご報告させていただきます。
今後、会場に足を運んでくださるファンの皆様の動向や視聴分析、新規顧客開拓も共同で実施してまいります。
バスケ界、スポーツ界の常識的な収益構造を覆すようなモデルを創造してまいりたいと思います。



【ニールセン スポーツ ジャパン株式会社について】

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社
世界最大規模のスポーツマーケティングリサーチ&コンサルティング会社です。
スポンサーシップに関するデータ分析及びファンインサイトを基に、様々なステークホルダーの事業拡大を支援。
グローバルでは1400以上のクライアントにサービスを提供しており、日本では、Jリーグやプロ野球球団をはじめとするスポーツライツホルダー、国内外の大会・イベントに協賛する企業、その他代理店や行政とも契約しています。





▼現在発売中のチケットはこちら!