MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA
EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【ご報告】株式会社ユーニック様が門真市へバスケットボール12球を寄贈

【ご報告】株式会社ユーニック様が門真市へバスケットボール12球を寄贈

いつも大阪エヴェッサへの応援ありがとうございます。

このたび、株式会社ユーニック様のご協力のもと、門真市内の中学校へバスケットボール12球を寄贈いたしました。

 
左から 門真市教育委員会 教育長 久木元 秀平様、門真市長 宮本 一孝様
㈱ユーニック代表取締役 小川 純治様、同社専務取締役 後藤 梅生様
ヒューマンプランニング㈱代表取締役 安井 直樹
※撮影時のみマスクを外しています

 
小川 純治様から7号球を寄贈
 
後藤 梅生様から6号球を寄贈


【チャリティーパートナーとは】
“子ども達が大好きなバスケットボールに思いっきりチャレンジできる環境を整えたい”
プロクラブとしての私たちの願いにご賛同いただいた企業様のご協力の元、ボールをはじめとしたバスケットボールに関わる物品を地域の子ども達へ寄贈しています。
大阪の子ども達がボールの劣化や不足に悩むことなく、純粋にバスケットボールに打ち込み、心豊かに育ってくれることを目的としています。


【贈呈内容】
物品:バスケットボール(6号球6球、7号球6球)
寄贈先:門真市教育委員会を通じて、門真市内中学校 計6校
寄贈主:株式会社ユーニック


【会社概要】

代表者:代表取締役 小川 純治
ホームページ:https://u-nik.co.jp/