MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA
EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【お知らせ】大阪エヴェッサアカデミー 小野 秀二校長 就任

【お知らせ】大阪エヴェッサアカデミー 小野 秀二校長 就任

いつも大阪エヴェッサへの応援ありがとうございます。

このたび、大阪エヴェッサでは小野 秀二氏が大阪エヴェッサアカデミー校長(ゼネラルアスレティックマネージャー)に就任することが決定しましたのでお知らせいたします。
これまで、選手・監督として日本代表を経験し、愛知学泉大を率いてのインカレベスト4、トヨタ自動車アルバルクでのリーグ優勝や日立サンロッカーズでの天皇杯、リーグ戦の両方での準優勝など、数々の功績を残してきた小野氏を迎え入れることで、今後の大阪エヴェッサアカデミーバスケットボールスクールとアンダーカテゴリー(U18/U15/U12)の強化を図ってまいります。




 
プロフィール
小野 秀二(Shuji Ono)
□生年月日
1958年1月31日

□出身地
秋田県

□経歴
【選手歴】
秋田県立能代工業高等学校→筑波大学→住友金属工業

(主な受賞歴)
1975-76 高校3冠(インターハイ、国民体育大会、高校選抜大会)
1978-79 関東男子学生リーグ戦 優勝 全日本学生選手権大会ベスト4
1982-83 日本リーグ 優勝
1984-85 全日本総合選手権大会 優勝
1985-86 日本リーグ 敢闘賞
1986-87 日本リーグ 優秀選手賞(ベスト5)

(日本代表歴)
1978-79 アジア競技大会 4位
1979-80 ユニバーシアード大会 11位
1981-82 ABC・男子アジア選手権大会 3位
1982-83 アジア競技大会 3位
1985-86 ABC・男子アジア選手権大会 5位
1986-87 アジア競技大会 6位
1987-88 ABC・男子アジア選手権大会 3位

【コーチ歴】
1988-01 愛知学泉大学男子バスケットボール部 監督
2000-05 JBLトヨタ自動車アルバルク ヘッドコーチ
2005-12 日立サンロッカーズ ヘッドコーチ
2009-00 日本代表チーム ヘッドコーチ
2014-17 アースフレンズ東京Z ヘッドコーチ
2018-20 秋田県立能代工業高校 ヘッドコーチ

(主な戦歴)
愛知学泉大学
1991-92 西日本学生選手権大会 3位
1994-95 西日本学生選手権大会 準優勝
1994-95 全日本学生選手権大会 5位
1995-96 西日本学生選手権大会 準優勝
1996-97 西日本学生選手権大会 準優勝
1998-99 全日本学生選手権大会 8位
1999-00 西日本学生選手権大会 準優勝
1999-00 全日本学生選手権大会 5位
1988-01 全日本学生選手権大会 13年連続出場
1990-00 東海学生選手権大会 11連覇
1991-00 東海学生リーグ戦 10連覇
2000-01 西日本学生選手権大会 優勝
2000-01 全日本学生選手権大会 4位

JBLトヨタ自動車アルバルク
2000-01 JBLプレ・スーパーリーグ 準優勝
2000-01 全日本総合選手権大会 3位
2001-02 JBLスーパーリーグ 優勝 / JBLコーチ・オブ・ザ・イヤー
2002-03 JBLスーパーリーグ 準優勝
2003-04 全日本総合選手権大会 準優勝
2004-05 全日本総合選手権大会 準優勝
2004-05 JBLスーパーリーグ 3位

JBL日立サンロッカーズ
2005-06 JBLスーパーリーグ 3位
2006-07 JBLスーパーリーグ 5位
2007-08 JBL日本リーグ 6位
2008-09 全日本総合選手権大会 準優勝
2008-09 JBL日本リーグ 準優勝
2009-10 全日本総合選手権大会 準優勝
2009-10 JBL日本リーグ 4位

 
コメント
大阪エヴェッサアカデミー校長(ゼネラルアスレティックマネジャー)として、アンダーカテゴリーを中心にスクール部門も含め総合的に携わることになりました。
育成と強化両面において、これまでの経験を生かし、子供達にバスケットボールのおもしろさといろいろな楽しみを伝え、「バスケットボール大好き!」になってもらえるように頑張ります。どうぞよろしくお願いします。

 
代表取締役 安井 直樹 コメント
いつも大阪エヴェッサに温かいご声援をいただきありがとうございます。
このたび、大阪エヴェッサは普及・強化育成カテゴリーである「大阪エヴェッサアカデミー」の校長(ゼネラルアスレティックマネージャー)として小野秀二氏を迎え入れ、大阪エヴェッサアカデミーの新体制を始動いたします。
このことが意味するのは、大阪エヴェッサが本気でバスケットボールの普及(スクール)と強化育成(U12・15・18世代)に力を入れ、大阪エヴェッサのトップチームに優秀な人材を輩出し、日本のトップレベルのクラブを目指す決意を意味します。
小野秀二氏は皆さまがご存知のとおり、日本バスケットボール界のトップカテゴリーで指揮を執り、2021年3月までは高校バスケットボール界の名門秋田県立能代工業高等学校のヘッドコーチを務めていた誰もが実績を認める人材です。
「普及⇒強化育成⇒トップチーム強化」の仕組みを構築して、多くのパートナーの皆さま、ファン・ブースターの皆さまに喜んでいただける大阪エヴェッサを作り上げてまいります。
これからの大阪エヴェッサにご期待ください。