MENU

大阪エヴェッサ

OSAKA
EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【ご報告】猪飼英樹様が大阪市立木川南小学校へバスケットボールを寄贈

【ご報告】猪飼英樹様が大阪市立木川南小学校へバスケットボールを寄贈

いつも大阪エヴェッサへの応援ありがとうございます。

このたび、猪飼英樹様のご協力のもと、大阪市立木川南小学校校へバスケットボール5号球12球を寄贈いたしました。
本寄贈に対し、大阪市より猪飼英樹様へ感謝状が贈呈されました。
 



【チャリティーパートナーとは】
“子ども達が大好きなバスケットボールに思いっきりチャレンジできる環境を整えたい”
プロクラブとしての私たちの願いにご賛同いただいた企業様のご協力の元、ボールをはじめとしたバスケットボールに関わる物品を地域の子ども達へ寄贈しています。
大阪の子ども達がボールの劣化や不足に悩むことなく、純粋にバスケットボールに打ち込み、心豊かに育ってくれることを目的としています。


【贈呈内容】
物品:バスケットボール5号球12球
寄贈先:大阪市立木川南小学校
寄贈主:猪飼英樹


【猪飼英樹様からのコメント】
今回、高校時代にバスケ部だった私が経営する猪飼弓具店の近所にある小学校の子供たちに、微力ながらお役に立てればと考え、大阪エヴェッサ様からのご提案に賛同しバスケットボールを寄贈させていただきました。
一人でも多くの子供たちがスポーツを通じて成長することを願い、また少しでもバスケと弓道を普及させたいと思い、バスケットボールに「9月10日 弓道の日」というロゴを入れさせていただきました。